子供の時に英語に触れていない私が英会話ができるようになった理由

今日は英語の勉強のことについてちょっと思ったことを書いてみたいと思います。

私は、ごく普通の日本人であり、育ったところも外国人と簡単に交流できるような場所ではありませんでした。

そして、ごく普通に中学、高校で英語を学び、大学受験のための英語も勉強しましたが、自由に英会話ができるバイリンガルになることはできませんでした。

しかし、現在は、子供にバイリンガル教育をしていますし、独身時代は英会話講師として働いていました。

つまり、中学、高校、大学受験の英語では英会話を自由に使えるようにならないというのが私の結論です。

私が英会話ができるようになるまでに必要だったのは、日本の学校の英語教育以外のものです。私が大学時代に日本でひたすらやったことは、とにかく、英語で考えるということです。

朝起きてから、一人でいる時の頭の中をいつも英語にしておくということをしました。電車に乗っている時に、「人がたくさんいて、座れない」、「後ろの高校生の女の子たちのおしゃべりがうるさいなあ。」などという状況をひたすら頭の中で英語の文にしていました。

この頭の中の独り言英会話は後ほど、アメリカ人の知り合いができた時に、非常に助かりました。身の回りの状況を日本語で考えないで英語で考えることにより、英会話の時に、日本語を介さないで瞬時に英文にすることができたのです。英語が苦手という人の多くはまず、日本語の文を英文に訳そうとします。

しかし、英語と日本語というのはイコールにならない場合が多いのです。なので、無理やり、日本語を英語にすると変な言い回しになってしまうことがあります。最初から、日本語を挟まず、感じたことを直接英語で表現するのは英会話において大切なことです。いちいち、日本語を英語にするという作業は訓練された通訳でなければ、非常に時間がかかりますので、英会話が弾みません。最初は簡単な文から日本語で考えない練習をするのがおすすめです。

例えば、「今日は寒い」ぐらいの英語であれば、「It’scoldtoday.」と日本語を介さずに英語で言える人は多いのではないでしょうか。

このように簡単なものから初めて慣れてきたら、もっと難しいことを英語で言ってみるのがよいです。私のように幼いころから英語に触れていな人のリスニング力をつけるには、留学が一番いいと思います。

毎日の生活を英語漬けにしてしまうことで、リスニング力をつけることができます。日本で英会話スクールに行ったとしても、先生のはっきりとした英語や限られた人の英語しか聞くことができません。留学して英語圏の国に行くことで子供英語、若い人の英語、早口の人英語、もごもごと話す人の英語などたくさんの英語に触れることができます。

私自身、留学先で普通の人の英語が英会話の先生とまるで違うことに驚いたことがあります。

日本で英会話の練習を自分なりにしたら、英語圏に飛び込むのが英会話を習得する近道だと思います。

仕事を辞めて新たな人生を歩んでいます。

私は40歳で仕事を思い切って辞めました。

勤続約20年の会社を本当に辞めるまで踏ん切りがつかず、ずるずる続けてきたところもありますが、大変な分やりがいもあり子供が2人産まれても妻が頑張って復帰して家事と仕事の両立をしてきました。その間、妻には家事や子供の世話で負担を沢山かけました。

子供にも寂しい思いを沢山させました。私の出張も多かったので、泊まりで家を空けることもあり私の親にも地方から来てもらい子供のお世話をしてもらいました。

そんな中、母親が病気で亡くなり妻の育児体制が崩れました。子供もちょうど小学生になり保育園とは違い行事も増えましたし、家にいてあげた方が良い時期に突入しました。

私は大事であった仕事を辞めて子供とずっと一緒にいてあげようと、すんなり思え辞める決心がついたのです。実際に主夫になり今では辞めて子供と寄り添って生きられることにとても喜びを感じています。

子供も仕事はもうしないでと言うほど実は寂しかったんだとわかりました。子供が小学校や幼稚園から帰ってきた時に私がいるだけで、心が落ち着いている気がします。

私自身もこんなに時間の余裕があるとゆったりとい子供に向き合えますし、部屋がいつも掃除して綺麗であったり、ご飯に手をかけたり、子供の洋服やお菓子を作ってあげたり、今までしてあげられなかった事を存分に行えることが本当に嬉しいです。

私はばりばり働いていたので、こんなにも主夫でも満足できるのかと自分自身の心境にも驚いています。

ただ、朝から晩まで忙しく仕事をしていた頃と比べると頭の回転がかなりゆるくなりましたし、先を読んだマネジメント能力がどんどん低下していってる気がしますが、心も身体も健康を手に入れたし、家族の幸せも倍増したという点では収穫も大きいのではと思っています。

親の死からも、今を大切に生きること、後悔しない生活を送ることが重要と教えてくれましたし、それが私にとっては仕事を辞めることだったと思うので、これからも妻を支え、家族を守りつつ、主夫を楽しんでいきたいと思っています。

一般的にはいい香りだけど

私が大学生の頃、アルバイト先のスーパーでの出来事です。この件をきっかけに、匂いって難しいなと思うようになりました。

そのスーパーは大きなスーパーで、私はそこでレジのバイトをしていました。

そして同じくレジのパートさんとして入っていたのが、Aさんです。Aさんは、年齢はおそらく30代〜40代、私のように学生も働いているスーパーだったので取り立て若くはありませんでしたが、目鼻立ちのくっきりとした美人でした。一番早い時間帯にシフトに入っていたとしてもいつも化粧をきれいにしていて、平たい言い方をすれば憧れの大人といったところです。

仕事も的確かつ丁寧で、私も入りたての頃は教育担当の方とAさんに教えてもらっていたくらいです。ただ唯一問題だったのが、香水です。Aさんはいつも香水をつけていたのですが、これがとにかくきつかったのです。

これは仕事を教えてもらっていた時から気が付いていたことで、なまじ教育中は1つのレジに2人で入っているので、かなりの至近距離にいることになります。そのため、ずっとその匂いに晒されてきました。

しかし私は特段匂いに敏感な方ではなく、ただ教育ビデオで過度な装飾や派手なメイクと並んで香水も禁止されていたのを見たので「あぁ、別にそこまで厳しいわけじゃないんだ」と思った程度です。

ただAさんというと美人に加え香水がキツイというイメージが加わっただけです。かわいそうだったのは匂いに敏感な、入りたての主婦さんでした。子供が制汗剤コーナーのテスターをいたずらして宙に噴射すると、たとえ急いでいてもその場所を迂回するような人でした。この主婦さんも私のころと同様教育担当とAさんに仕事を教わっていたのですが、やはりかなりキツそうでした。

私と初めてまともに話した内容がAさんの香水についてだったので、やはりそうとう苦痛だったのだと思います。しかしその主婦さんが入って数週間、Aさんの香水問題はひょんなことで解決しました。

主婦さんは、開店前に行うちょっとしたミーティングで「昨日、すごい香水キツイお客さんがいたんですよ〜」と話したのです。私は思わず上手い、と思いましたw

Aさんについての問題をAさんから架空のお客さんにすり替えることで間接的に問題を提起し、且つ直接Aさんの名前を出しているわけではないため波風は立ちません。

Aさんはうんうんという様子で聞いていましたが、その日を境に香水を控えたののは一目瞭然ならぬ一嗅瞭然でした。化粧もしっかりしていたAさんでしたがから、Aさんの中では香水も身だしなみの一つだったのでしょう。

しかし私は今回の件で、「いい匂い」が誰にとってもいい匂いであるとは限らないのだと学びました。

デリケートで言いずらいものがある分、匂いって難しいなと感じた学生時代の出来事です。

収穫は、こういう経験したのでAさんのように「原因」にだけはならないようにしよう思えたことでしょう。

あっ、そうそうニオイのことでいえば、最近「これはいい!」というものを発見しました。それはオゾン発生器です。これはできればもっと早く知っておきたかった。これまでの人生で実はニオイに悩まされたり、嫌な思いをしたり不利益なことってたくさんあるんですよね。。。そう思うのはきっと私だけではないはずです。

今後はこのオゾン発生器を上手に活用していきたいと思います。

問われる大人のモラル

先日、子どもの通う幼稚園の、生活発表会に行ったときのことです。会場には開始時刻より前から、子どもの父母や祖父母が大勢集まっていました。はじめに園長先生の挨拶がありました。

ところが、園長先生が壇上に立ち、大きな声で「おはようございます。」と挨拶をしても、会場はしーんとしています。もう一度園長先生が「おはようございます!」と、さきほどよりも大きな声で挨拶をされました。

すると、一部おずおずとした調子で「おはよう、ございます…。」と返していたのはなんと園児の兄弟姉妹たち。見たところ、小学生くらいの年齢でしょうか。

大人たちをみると、幼児にお菓子を与えている母親や、スマホの画面をみつめている父親、隣の人としゃべっている祖父母たちの姿がありました。「会場では私語は慎みましょう。」事前の案内状に書かれていたことです。

プログラムはすすみ、園児たちの日頃の練習の成果が次々に披露されます。歌やダンス、劇に合奏と、どの発表もすばらしく、園児たちははりきって舞台に立っていました。プログラムがひとつ終わるごとに、園児たちは並んで礼をします。

しかし、会場からの拍手の小さいこと。ざっと見ても300人以上はいるであろう会場から、ぱらぱらとした拍手しか聞こえてこないのです。「もう一度、盛大な拍手をお願いします。」のアナウンスで、ようやく先ほどよりは少し大きな拍手があがりました。しかし、大人たちはなおも、カメラで我が子を撮ることにひたすら集中しています。私はがっかりしました。

確かにかわいい我が子のめったに見れない晴れ姿を、カメラに収めたいという気持ちはわからなくもありません。しかし、そんなにずっとカメラをのぞいていなければならないのでしょうか。

緊張しながらも純粋な心で懸命に発表している子どもたち、それを支えてくれた先生方に対する賛辞、感謝の思いはないのでしょうか。発表が終わるごとの、少しの時間を、拍手でたたえてあげられないものでしょうか。

発表の合間も、乱雑に設置された保護者のカメラの三脚の間を縫って、子どもたちが自分の準備へと向かっています。ある子はぶつかりそうになり、ある子はコードに足を引っ掛けそうになっていました。

主役は子どもたちであるはずなのに、なぜ配慮ができないのでしょうか。とても残念に思いました。大人の姿をみて育っていく子どもたちのことを思うと、モラルを考えさせられる1日でした。

家族のいない間にバラエティ番組の録画を見て大笑いしたり考えたりした

今話題のポケモンGOですが、うちの場合、妻と子どもがハマっていて、私は全然興味がありません。

妻と子供たちがポケモンGOをしに車で遠くの大きな公園に旅立って行きました。

ポケモンGOは歩きスマホや運転中に遊ぶのはダメだと思いますが、自然の中をモクモクと歩くということなら、健康にもよいので賛成です。ポケモンの卵を孵化させるために、10キロメートル歩く必要があると息子は張り切っていました。

お弁当や水筒も持参したので、楽しくピクニックをしながら、ポケモンGOもできて妻も子供達もハッピーなこと間違いなしです。

私は家族でただ一人ポケモンGOをやっていないので、エアコン前のソファーにどっかりと座り、録画していたバラエティ番組の鑑賞を楽しみました。
バラエティ番組ではブラックマヨネーズの吉田さんが、彼氏に浮気をされたことがある3人の女性を前に男性の浮気は悪いものではないと力説しておりました。

私は浮気はよくないと思っているので、吉田さんが何をいうのかなあと聞いていたら、意外にも私を「なるほど!」と思わせるような意見を吉田さんが言っていました。もちろん、吉田さんは面白い人なので、真面目な意見ばかりじゃなくて、大笑いする場所もいっぱいあったのですが、真面目に意見していたところでは、一理あるなあと思ってしまいました。

というのも男性は女性と違い、浮気といっても、気持ちはいっていないとのことでした。吉田さんも気持ちが違う女性にいってしまうような浮気はいけないという意見でした。なので、吉田さんは、男性の浮気心の浮気はいいけれど、女性は気持ちが入ってしまうので、やってはいけないという自論を展開したのです。

確かに、女性が一番傷つくのは、好きな男性の心が離れてしまうことだと私も思いました。もちろん、浮気を容認することはできませんが、気持ちが離れていない場合はまだ、お付き合いが続く余地があるかもしれないと思いました。

ただ、自分の本当に好きな女性を傷つける行為ができるのはよくないと思っていたら、吉田さんが、最後に、男性というのは子供を産む痛みに耐えられる素晴らしい女性という生き物よりも劣っているから許して欲しいというようなことを言いました。

なんだか、切実で笑ってしまいましたが、世の中の男女の本質をついているのかもしれないと思って感心してしまいました。