超おすすめ!!自転車漫画「弱虫ペダル」

街中でロードバイクを見かけて憧れる人は少なくないのではないでしょうか。和阿多氏自身、最近ロードバイクを購入しましたが、興味をもったきっかけは自転車競技を描いた漫画をみたことでした。特に惹かれた自転車漫画を紹介したいと思います。

私が紹介したいのが、「弱虫ペダル」です。この作品は、まさに今の自転車ブームの火付け役といっても過言ではないのはないでしょうか。

この漫画は主人公は友達の少ない高校1年生の小野田坂道、日課はママチャリでアキバに行くこと。そんな彼がひょんなことから自転車競技に出会い、先輩や仲間たちとともにインターハイに挑む姿を描いた物語です。

この漫画の魅力を3つあげて紹介します。

まず、キャラクターが個性的です。
主人公もアニソン歌うと速くなるという必殺技?を持った個性的なキャラクターではありますが、他にももっと個性的なキャラクターが登場します。特に、強烈なのが、ライバル校のスプリンター泉田は一押しのキャラクターです。彼の特徴は自分の大胸筋に名前を付けて呼んでいること、走りながら「アブ、アブ」と意味不明の言葉を叫ぶことなど挙げだすときりがないほどに、個性的です。ほかにもモブキャラがいない?と思うほどに個性的なキャラクターだらけです。自分の一押しのキャラクターと同じメーカーのロードバイクを買ってみても面白いかもしれないです。

次にあげる魅力は、熱いレース展開です。そもそも、インターハイは3日にかけて行われ、1日ごとにスプリント賞、山岳賞、ゴールと各チェックポイントに賞があり、これを争ってのチーム間の戦いは毎回熱く描かれています。特に、ライン直前のコンマ数秒を争う戦いは一瞬も目を離せない展開となっています。また、自転車競技は意外にもチーム戦ということが読んでいればわかってくるのですが、チーム同士の駆け引きや、チーム間での助け合いも注目したい場面ばかりです。

最後に紹介したい魅力が、主人公の成長です。物語の最初、特にスポーツが得意ではない主人公ですが、自転車の才能を徐々に開花させていき、最初に試合、1年生レースでの力走から始まり、合宿での2年生との戦い、そしてインターハイとどんどん強くなっていく小野田がどこまで結果を残すのか。小野田が選手を抜かす姿に爽快感のようなものを感じられます。

 以上、弱虫ペダルの紹介でしたが、漫画の他、アニメ化、オリジナルドラマ化もされており、なんと舞台まで公開されている大人気漫画となっています。ロードバイクを持っている人もそうでない人にもおすすめしたいです。

久しぶりにテレビを見ました

私の家にはテレビがありません。

このように言うとびっくりする人が大半です。私が大学受験を意識した時から起きている時間のほとんどを勉強時間に充てないと志望校の合格は難しいと思い、それから私はほとんどテレビを見なくなり、今日では家にテレビすらありません。

ただし、テレビがないだけで、ラジオもパソコンもスマートフォンもありますし、新聞だってちゃんと購読していますし、年間購読している雑誌もあります。ですから、外部の情報に全く無関心というわけではないのです。ただ、家にテレビがないだけなのです。私がテレビを見る機会は出張先のビジネスホテルに泊まった時テレビをつけるくらいか、家族で旅行に出かけたときくらいなのです。

この前、家族で旅行でかけたときに子供は部屋にあるテレビをずっと見ていました。我が家にはテレビがないのできっとめずらしかったのでしょう。私も子供の二合わせて少しテレビを見ていました。

テレビを見て私はあることに気がついたのです。テレビというのはどの番組でも熱量が非常に高いように感じたのです。つまり、大げさというかテレビ特有のリアクション大げささというのはいい意味で言えば、テレビに出ている人が皆テンションが日常よりもかなり高いのです。つまり、どの番組も、日常よりもカロリー消費量が高いように感じるのです。見ているこちらも見ているだけで疲れてしまうくらい熱量が高いのです。つまり、テレビというのは一種の「お祭り」のような気がするのです。もちろんこれはドラマだとか、お笑い番組だけではなく、ニュースやワイドショーに至るまでそのように思うのです。普段テレビを全く見ない私が、テレビを見てこのように感じました。

改めて、私はテレビ番組という非日常は年に数回あればいかなと思いました。なぜならば、毎日お祭りだとお祭りのありがたさだとかおもしろみだとか、そのような非日常のよさが日常になってしまうので、テレビという非日常は非日常のままにしておきたいと思ったのです。

犬の耳掃除で良い方法を見つけたかも

うちには1匹の犬がいます。

チワワとプードルのミックスです。

年齢はまだ若いんですが、最近どうも耳に黒っぽい垢?みたいなのがたまって、本人も少し痒そうにしています。

犬も人間と同じで、いや、それ以上に定期的に耳掃除をしないと良からぬ病気をまねいたりすることも少なくないようで、不安になります…

で、ネットや友人にいろいろ聞いたり調べたりしたところ、オゾン水で耳掃除すると、雑菌も殺せるうえに犬には無害なんだとか。

でもでも、ネットの情報だからさっと検索したものを鵜呑みにすると怖いじゃないですか。。。

だから、私は愛犬を危険な目に遭わせたりするのは絶対に嫌なのでネットや電話で直接調べたり、友人の獣医さんに聞いたりして調べましたよ。

友人に獣医さんがいるんですが、この方は遠く離れた仙台なので、残念ながらその動物病院には通えないんですよねorz

そして驚いたのが、なんとその友人の動物病院では、ワンちゃんだけにとどまらず、ネコちゃんの耳掃除にもオゾン水を使っているというではありませんか!!!

曰く、オゾン水の殺菌性や安全性は疑いようのないものらしく、あとはそのオゾン水の作り方が問題になるそうです。

というのも、オゾン水業界には胡散臭い会社とちゃんとした信頼がある会社と半分半分くらいみたいで、そのオゾン水を作る機械の質が悪いと最悪なんだとか、、、

まぁ、最悪といっても製品自体が危険とかは少なく、もっとも多いトラブルというのが「ちゃんとした濃度のオゾン水ができないこと」だそうです。

ふむ、なるほど。

ここで少し話しが長くなってしまいそうで悪かったので、私のほうから「あとはメールでOK!(図々しいw)」と伝えたところ、さすが律儀なヒデちゃん。(←高校の同級生)その日の夜にメールくれました。

ありがとね、ヒデちゃん。。。

そのメールには、オゾン水のことから始まり、犬や猫などの動物の耳掃除になぜオゾン水を使ったほうがいいのか、などが書かれており、さらには画像が添付されていて耳掃除のコツまで教えてくれちゃったりして、本当にヒデちゃん、あんたは最高やで。近くだったら絶対にヒデちゃんの動物病院に連れていくのに。。。

で、もしオゾン水生成器を購入するならここから買ったほうがいいよ。そのときにオゾン水のことなどたくさん書かれているので興味があるものは読んでみたらいいかもと教えてもらったのがオゾン水ねっとというサイトでした。

早速、いろいろ読んでいますが、オゾン水のことが詳しく書かれています。お勉強お勉強φ(..)メモメモ

犬の耳掃除って本当に大事ですよね…

久々にファッション誌を購入しました

毎日あわただしく過ごしているせいで、最近は、なかなかファッション誌を読む余裕がありませんでした。コンビニや書店で見かけると「ほしいな」と思うこともあるのですが、ついつい他の買い物を優先してしまいます。

そのため、最近は、流行りのコスメやファッションにも少し疎くなっていたんです。そんな私ですが、先日、とても久々に「ファッション誌」を購入しました。

きっかけは好きなバンドの特集が組まれていたことです。女性誌で特集されるなんて珍しいことなので、買わずにはいられませんでした。内容にも大満足です。そして、そのおかげで、久々にファッション誌を読んでいます。綺麗な服や、かわいいコスメ。便利なグッズに、流行の話題。

やっぱりこういった雑誌って、楽しいな、と思っています。生活に直結した内容は少ないかもしれません。私には手が出ない価格の洋服も多いです。だから、実際の生活の参考になるとはいいがたい内容であることも珍しくはありません。でも、見ているだけでも、とても楽しくてうれしい気持ちになってしまいます。手軽に手が出ないからこそ「いいな」という憧れも生まれます。広告を眺めているだけでも、楽しいと感じてしまいます。

最近はずっと、美容院に行ったときにぱらぱらめくる程度だったような気がします。そういうときに気になるアイテムを見つけたとしても、家に帰るころには忘れてしまうんですよね。そう考えると、やはり自分で買ってゆっくり読みたいものです。

華やかなページをのんびり見ているだけでも、驚くほど気持ちをリフレッシュすることができました。最近のファッション誌は付録も豪華だし、とてもお得な気がします。ファッションやコスメ、やはりどんなものが流行っているかは気になるところ。

毎月ではなくても、ときどきこうして新しい情報を仕入れる時間を作っていこう、と改めて思いました。また時間があるときにでも、新しいファッション誌を買ってみたいと思っています。

富裕層になるにはまずは元気を出す

明けましておめでとうございます!!!

いよいよ2017年ですね。
今年も頑張ってまいりましょう!

さて、今日は「富裕層」のことについて。

今までもそうでしたが、これから益々経済格差が広がっていくといわれています。著名な方々が揃って言っているので、間違いなくそうなのでしょう。

大学を卒業して新卒で会社員となっても、よほど業績の良い企業でもなければ、例えばポルシェを買うことは難しいです。ベンツやBMWやレクサスでは会社員でも買えそうな低価格帯のものを販売していますが、ポルシェは買えないはずです。

会社員でもマンションは購入できますが、渋谷や六本木などの超高層マンションまでは無理です。会社員になれるのはまだ良いほうで、派遣やアルバイトで日々の生活に困窮している人も多数です。今でこそ富裕層になった人でも、家がもともと資産家だった人でもない限りは、努力と工夫とそして運で富裕層になれたはずです。

ツイッターやfacebookでそういった方々を身近に感じられる、普段どういったことを考えて何をしているのかを知る機会が増えると、そのような人は誰もがとにかく明るく元気なことに気がつきます。もちろん、もって生まれた才能もありますが、才能は誰もが何かしらの才能をもっているので、何も無いと思っている人はまだ見つけていないというだけです。

富裕層になれた人は自分の才能や適性を意識してでも無意識にでも最大限活用しています。とにかく元気があれば、悪いことは考えなくなり、結果的に前向きに他の人が躊躇してしまうようなことでも行動に移すことができるのだと思います。

世間体の世間とは仏教用語で、迷いの世界のことだそうです。というのであれば、世間は気にしてはいけない世界であって、世間体は全く気にする必要はないということでもあります。

考えてみると、ポルシェも元気がなければまずディーラーに行けませんし、運転する技術や、常に人の目に晒されることも、元気がなければ無理です。

プレッシャーやストレスに潰されてしまいます。元気を出してとにかく行動する、これが富裕層になる最も近道で確実な方法なのかもしれません。