子供の時に英語に触れていない私が英会話ができるようになった理由

子供の時に英語に触れていない私が英会話ができるようになった理由

今日は英語の勉強のことについてちょっと思ったことを書いてみたいと思います。

私は、ごく普通の日本人であり、育ったところも外国人と簡単に交流できるような場所ではありませんでした。

そして、ごく普通に中学、高校で英語を学び、大学受験のための英語も勉強しましたが、自由に英会話ができるバイリンガルになることはできませんでした。

しかし、現在は、子供にバイリンガル教育をしていますし、独身時代は英会話講師として働いていました。

つまり、中学、高校、大学受験の英語では英会話を自由に使えるようにならないというのが私の結論です。

私が英会話ができるようになるまでに必要だったのは、日本の学校の英語教育以外のものです。私が大学時代に日本でひたすらやったことは、とにかく、英語で考えるということです。

朝起きてから、一人でいる時の頭の中をいつも英語にしておくということをしました。電車に乗っている時に、「人がたくさんいて、座れない」、「後ろの高校生の女の子たちのおしゃべりがうるさいなあ。」などという状況をひたすら頭の中で英語の文にしていました。

この頭の中の独り言英会話は後ほど、アメリカ人の知り合いができた時に、非常に助かりました。身の回りの状況を日本語で考えないで英語で考えることにより、英会話の時に、日本語を介さないで瞬時に英文にすることができたのです。英語が苦手という人の多くはまず、日本語の文を英文に訳そうとします。

しかし、英語と日本語というのはイコールにならない場合が多いのです。なので、無理やり、日本語を英語にすると変な言い回しになってしまうことがあります。最初から、日本語を挟まず、感じたことを直接英語で表現するのは英会話において大切なことです。いちいち、日本語を英語にするという作業は訓練された通訳でなければ、非常に時間がかかりますので、英会話が弾みません。最初は簡単な文から日本語で考えない練習をするのがおすすめです。

例えば、「今日は寒い」ぐらいの英語であれば、「It’scoldtoday.」と日本語を介さずに英語で言える人は多いのではないでしょうか。

このように簡単なものから初めて慣れてきたら、もっと難しいことを英語で言ってみるのがよいです。私のように幼いころから英語に触れていな人のリスニング力をつけるには、留学が一番いいと思います。

毎日の生活を英語漬けにしてしまうことで、リスニング力をつけることができます。日本で英会話スクールに行ったとしても、先生のはっきりとした英語や限られた人の英語しか聞くことができません。留学して英語圏の国に行くことで子供英語、若い人の英語、早口の人英語、もごもごと話す人の英語などたくさんの英語に触れることができます。

私自身、留学先で普通の人の英語が英会話の先生とまるで違うことに驚いたことがあります。

日本で英会話の練習を自分なりにしたら、英語圏に飛び込むのが英会話を習得する近道だと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*