忘れたころにやってくる

忘れたころにやってくる〜臭いあいつの話しです

カメムシがついたまま服を着たことがあります。二回も。

初めてカメムシがついたまま袖を通した時「なんか臭う」と思いながらもどこから臭うかまではわかりませんでした。でも臭うんです。臭いんです。吐くくらいのくささではないのですが、とにかく独特の臭いに焦りました。

初めてだったのでカメムシから発せられる臭いとは気付かず、とにかく臭い臭いと色んな場所を嗅ぎ回りました。そして自分の着ている服から一番臭っていることがわかり、恐る恐る服を見ました。奴がいました。袖にいました。気付かなかったのはカメムシが目立ちにくい色合いのカーディガンを着ていたせいです。

私は、とっさに袖を振り払いました。勢いよく振った衝撃でカメムシを叩きつけたようです。するとカメムシは動きません。しかし怖いので掴めません。数時間経っても動きません。ご臨終でした。

それ以来洗濯物を取り入れる時はカメムシがついていないか確認をしなければ気が済まなくなりました。そしてそれも少しずつ忘れて次の年。今度はカーテンでした。これまた「臭う」と嗅ぎ回りカーテンにつく奴を見つけ出しました。カーテンだったので奴に触れないように窓から追い払いました。

少し窓が開いていたようです。

それ以来窓の開け閉めには十分気を付けるようになりました。そして今年です。これまた「臭う」から始まりました。間違いなくアイツがいる、と確信した私はすぐに服のどこかにカメムシがついていることに気付きました。恐ろしい。奴は、袖の中にいたのです。

薄い服だったので透かしてみるとシルエットが!!

恐怖です。

それ以来、何度も裏も表も確認をして普段の倍近く時間を費やして確認してカメムシを入れないように洗濯物を取り入れています。それでも服を着る時は、再度確認をします。臭いを嗅いで居ないことを確認しても見落としてるかもしれないと思うと何度確認しても足りません。

気にしすぎじゃない?と思われるかもしれませんが、あの臭いを知ってしまうと恐怖に囚われてしまうのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*