超おすすめ!!自転車漫画「弱虫ペダル」

超おすすめ!!自転車漫画「弱虫ペダル」

街中でロードバイクを見かけて憧れる人は少なくないのではないでしょうか。和阿多氏自身、最近ロードバイクを購入しましたが、興味をもったきっかけは自転車競技を描いた漫画をみたことでした。特に惹かれた自転車漫画を紹介したいと思います。

私が紹介したいのが、「弱虫ペダル」です。この作品は、まさに今の自転車ブームの火付け役といっても過言ではないのはないでしょうか。

この漫画は主人公は友達の少ない高校1年生の小野田坂道、日課はママチャリでアキバに行くこと。そんな彼がひょんなことから自転車競技に出会い、先輩や仲間たちとともにインターハイに挑む姿を描いた物語です。

この漫画の魅力を3つあげて紹介します。

まず、キャラクターが個性的です。
主人公もアニソン歌うと速くなるという必殺技?を持った個性的なキャラクターではありますが、他にももっと個性的なキャラクターが登場します。特に、強烈なのが、ライバル校のスプリンター泉田は一押しのキャラクターです。彼の特徴は自分の大胸筋に名前を付けて呼んでいること、走りながら「アブ、アブ」と意味不明の言葉を叫ぶことなど挙げだすときりがないほどに、個性的です。ほかにもモブキャラがいない?と思うほどに個性的なキャラクターだらけです。自分の一押しのキャラクターと同じメーカーのロードバイクを買ってみても面白いかもしれないです。

次にあげる魅力は、熱いレース展開です。そもそも、インターハイは3日にかけて行われ、1日ごとにスプリント賞、山岳賞、ゴールと各チェックポイントに賞があり、これを争ってのチーム間の戦いは毎回熱く描かれています。特に、ライン直前のコンマ数秒を争う戦いは一瞬も目を離せない展開となっています。また、自転車競技は意外にもチーム戦ということが読んでいればわかってくるのですが、チーム同士の駆け引きや、チーム間での助け合いも注目したい場面ばかりです。

最後に紹介したい魅力が、主人公の成長です。物語の最初、特にスポーツが得意ではない主人公ですが、自転車の才能を徐々に開花させていき、最初に試合、1年生レースでの力走から始まり、合宿での2年生との戦い、そしてインターハイとどんどん強くなっていく小野田がどこまで結果を残すのか。小野田が選手を抜かす姿に爽快感のようなものを感じられます。

 以上、弱虫ペダルの紹介でしたが、漫画の他、アニメ化、オリジナルドラマ化もされており、なんと舞台まで公開されている大人気漫画となっています。ロードバイクを持っている人もそうでない人にもおすすめしたいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*